LOG IN

知ること、感じること:狩・食

最初にお断り 掲載している写真は無断転載禁止です。また、人によっては過激と思われる写真もあるかと思いますので、苦手だと思う人はリターンしてくださいね。 何から書けばいいものか…すごく感性が研ぎ澄まされる、貴重な、そして忘れられない1日を過ごしました。 この日のことを頭の中で何度も何度も再生しています。 幡野広志さんにお会いしました。 幡野

知ること、感じること:食べる編02

鶏を絞める 食べる編01のつづきです。 早速、鶏や鹿・猪などの解体ワークショップは無いかなと探してみましたが都内近郊で解体を体験できるところなどなかなか無く。 どうしようかな〜と思っていたところに本屋さんで出会ったのが畠山千春さんの本、  「わたし、解体はじめました:狩猟女子の暮らしづくり」 早速購入して読んでみるとちはるさん自身の経験は勿論

知ること、感じること:食べる編 01

ちょうど1年前の2016年の9月下旬ごろに、伊豆にある断食の施設(やすらぎの里 養生館)で5日間、断食を経験しました。 看板犬のうみちゃん。暇さえあれば玄関で戯れました。 完全に絶食するわけではなく、朝昼晩、ごはんを食べることはできますが、 朝はスムージー、昼は小さな玄米おにぎり2つ(親指と人差し指をくっつけてできる輪っかくらいの大きさ)、夜はその日に

のりものファブリック

のりものファブリックと命名! 目に留まるときと、留まらないときがあるんです。 もちろん、いいなーと思って目に飛び込んでくるときもあれば、乗ってる途中にじわじわと、あれ、いいな。と思うときがある。全く興味のない時もある。 何かというと、電車や新幹線、バスなど、のりもののシートの柄です。 勝手に「のりものファブリック」と命名して、インスタグ

暮らしの参考書 01

久しぶりにじんわり見れる映画に出会いました。 リトル・フォレスト 夏・秋 と 冬・春。(冬・春編が2作目です) 原作は漫画だそうで。 一度は都会に出たけれど、地元に帰ってきたいち子(主人公) という設定はあるけれど、あくまでも地元での暮らしにフォーカスが当たっているというところが無理矢理感がなくてとても好感を持てます。 映画中のお料理のフードディレ